「アロハ」ってどういう意味?ハワイでよく聞く言葉たち / ハワイで暮らすためのキャリアアップ

ハワイでよく聞く言葉

ハワイでよく聞く言葉といえばまず思いつくのが「アロハ」

 

昔は「アロハー♪」なんて意味もわからずよく使っていましたが、アロハの意味はご想像どおり、「こんにちは」などの挨拶です。

 

ただし、アロハは「こんにちは」だけでなく「ありがとう」「さようなら」など、いろんな意味で使われます。

 

  • aloha wana’ao とすれば「おはよう」(早朝)
  • aloha kakahiaka も「おはよう」
  • aloha awakea なら「こんにちは」
  • aloha auinala も「こんにちは」(夕方)
  • aloha ahiahi は「こんばんは」
  • aloha maiは「ようこそ」

 

なぜ「おはよう」や「こんにちは」が2種類あるのかというと・・・

 

aloha wana’aoのwana’aoは早い・夜明けというような意味で、早朝におはようというときに使われます。
aloha aloha kakahiakaは普通のおはようの時間帯。kahiは少し、akaは影という意味で、朝陽が昇って木々や建物が照らされ影が伸びてくる朝の景色を表現した言葉です。

 

ちなみに aloha au ia ’oe だと「愛してる」という意味です。

 

アロハをアルファベットで書くと「ALOHA」。
このALOHAのALOは「顔」、HAは「呼吸をする」という意味があり、本来は「相手の顔の横で呼吸する」という動作を表している言葉がアロハなんだそうですよ。

 

「マハロ」はありがとうの意味

 

アロハのほかに現地でよく聞く言葉として「マハロ」があります。

 

マハロは「ありがとう」の意味。
「ありがとう」と言われているのに何ていっているかわからないのは困るので、ハワイに行くときはマハロも覚えておきましょう。

 

ハワイの代表的な島「オアフ島」のオアフは「皆が集まるところ」という意味。ホノルルは「護られた入り江」、ワイキキビーチのワイキキは「噴出す水」など、有名な名前にもそれぞれちゃんと意味があるんです。ハワイの言葉は面白いですね。

 

よく聞くハワイのマッサージ「ロミロミ」のロミは「もむ」という意味です。

 

言葉の意味がわかるといろいろと面白いですね。